K型 熱電対アンプ

DEKA_main_500.jpg

高精度 K型熱電対用アンプユニット KAP-K01U


・K型熱電対用の高精度アンプ
・零点補償回路内蔵により簡単に使用可能
・K型熱電対専用のコネクターを装備
・2種類の電源が利用可能・DC5V または DC7-15V (どちらか一方のみで動作します)
・0℃=0Vオフセットなので、電圧-温度換算が容易
・2種類の出力・・・ワイド(10mV/℃ 12.5V)と、ナロー(3.9mV/℃ 5V)
・ワイド出力とナロー出力は独立系統のため、同時利用が可能
・DC-DC電源、高性能2段アンプ、ハイグレードレジスター使用により非常に高精度
・出力に200Ω ±0.5%の保護抵抗を装備
・自社開発、日本国内製造ながら低価格

温度に比例した電圧を出力するK型熱電対用アンプユニットです。

DC-DC昇圧電源を内蔵しているので、DC5V単独でも、またはDC7-15Vでも動作します。
K型熱電対センサーは規格品のため、センサーを接続するだけで使用できます。
エンジン排気温度、ボイラー温度の計測など、様々な用途に使用できます。

高精度に、5℃~1250℃を測定可能です。(アンプ出力電圧範囲 0℃~1450℃)
10mV/℃と、3.9mV/℃の2種類の出力を装備しています。
3.9mV/℃出力を使用すると、0℃~1450℃ が 0~5V (特性値)となります。
10mV/℃出力を使用すると、0℃~500℃ が 0~5V (特性値)となります。

電源はDC5V、または 7~15Vの2電源対応で、データロガーや車両の電源に直接接続できます。
熱電対アンプ内部にDC-DC独立電源を内蔵しており、電源電圧変動の影響を受けません。


 出力の例

 ワイド出力
 10mV/℃
 黄色線

 0℃
 250℃
 500℃
 750℃
 1000℃
 1250℃
 0V
 2.5V
 5.0V
 7.5V
 10.0V
 12.5V
 ナロー出力
 3.9mV/℃
 白色線
 0℃
 250℃
 500℃
 750℃
 1000℃
 1250℃
 0V
 0.975V
 1.95V
 2.925V
 3.9V
 4.875V

ナローとワイドは同時利用が可能です。


 熱電対アンプ特性 KAP-K01

 電源  +5V DC 単一電源
 (絶対最大定格 5.6V DC)
 または
 +7V ~ +15.0V DC 単一電源
 (絶対最大定格 20.0V DC)
 待機電流   約60mA
 測定温度範囲  5℃ から 1250℃
 アンプ電圧出力範囲 (無保証)  0℃ から 1450℃ (最大)
 出力1 (ワイド出力 12.5Vレンジ)  10mV/℃
 出力2 (ナロー出力 5Vレンジ)  3.9mV/℃
 出力インピーダンス  200Ω ±0.5%
 キャリブレーションエラー  ±2℃ (最大±4℃)
 温度エラー  ±2% (最大)
 直線性   1% (ワイド出力使用時)
 精 度    ±2% (ワイド出力使用時)
 安定性  0.05%/℃ (ワイド出力使用時)
 使用可能温度範囲  -35℃ から +80℃ (最大定格)
 配線  茶色 +7V ~ +15V (赤線と排他接続)
 赤色 +5V (茶線と排他接続)
 青色 GND
 白色 ナロー出力 5V
 黄色 ワイド出力 12.5V
 サイズ  幅35mm x 長さ50mm x 高さ20mm
 (コネクタを除く)
 配線長  0.6m (シールド付き)
 質量  約150g


電源電圧は、定格以上から絶対最大定格の間は、3秒間以下です。
一瞬でも絶対最大定格を超えることはできません。
電源は、茶色線か赤色線の どちらか一方にのみ接続し、未使用の線を解放としてください。
3.9mV/℃出力は、1280℃を超える測定をした場合、温度に比例してDC5.0Vを超えて最大5.9Vに達する可能性があります。 また、10mV/℃出力は、温度に比例して最大15Vに達する可能性がありますので、データロガー等の入力許容電圧に注意してください。
測定温度範囲や精度は、接続する熱電対の特性や性能により変化します。