点火イグナイター

DEKA_main_500.jpg

高性能ハイパワー点火イグナイター


・点火が強化されるためアイドリングが安定し、静かになります
・空燃比に変化が現れるほど燃焼が効率化されます
・高回転まで点火が追従するようになります
・点火の最適化によりパワーアップして燃費が向上します
・エンジンの始動時間が短縮されます 
・超低抵抗設計による点火出力のパワーアップ
・EMSや純正ECUなど、通常の点火信号に使用可能
・コイルの電源電圧をアップした際にも余裕の駆動パワー
・コイル故障などによるイグナイタ障害発生時、EMSやECUを守る保護回路を内蔵
・1コイル用 と 2コイル用で、それぞれECO、MEGA、GIGA の3タイプ
・オリジナルの デュアル、トリプル接続方式 (MEGA & GIGA)
・純正と比較にならない大容量(純正の多くで50mJ以下、GIGAで1000mJ)



 大型、低抵抗の高性能半導体素子を使用した高性能点火コイル駆動用イグナイター

  • KIG-ECO  耐圧360V 40A
    • 1コイル用  品番:KIGE10 
    • 2コイル用  品番:KIGE20
  • KIG-MEGA  耐圧360V 65A
    • 1コイル用  品番:KIGM10
    • 2コイル用  品番:KIGM20
  • KIG-GIGA  耐圧360V 100A
    • 1コイル用  品番:KIGG10
    • 2コイル用  品番:KIGG20

 点火イグナイターの役割と高性能化による効果について

ベーシックなKIG-ECO で、ディストリビューター用大型コイルを余裕でドライブできます。
KIG-ECOで、一般的なプラグオンコイルタイプの純正イグナイター比で、数倍の容量があります。
KIG-MEGAは、さらにその2倍、KIG-GIGAは3倍の容量があります。
ECOで純正イグナイターの2~5倍程度の容量とお考えください。


 配線、基板設計ともに高性能化を狙った専用設計によりボトルネックを排除しています。
 さらに内部抵抗を劇的に改善しており、点火出力を圧倒的に強化します。

 大型点火コイルも充分に駆動する耐高電圧、耐高電流性能を有します。
 レースカーに限らず、バイク、エコランなどでも、あと一歩を詰めたい場合にも効果的です。

 点火コイル短絡など異常時にもECUを守る「対サージ機能」と「入力保護回路」を内蔵しています。



KIG-ECO  耐圧360V 40A
純正イグナイターとは全く比較にならない余裕のパワー。
省燃費を実現する低抵抗設計。
入力保護回路内蔵。



KIG-MEGA  耐電圧360V 65A
ECOの約2倍の容量を持つハイパワーイグナイター。
パワーとコストを高次元でバランスしています。
入力保護回路内蔵。


KIG-GIGA 耐圧360V 100A
ECOの約3倍の容量を持つギガパワーイグナイター。
有り余る余裕のパワー。
入力保護回路内蔵。



 「1 コイル」と「2 コイル」の2種類で、
 それぞれ ECO、MEGA、GIGA の3タイプをご用意しました。

 4気筒には「2 コイル」を2セット、
 6気筒には「2 コイル」を3セットでご利用になることをお勧めします。





■ ご注意

すべての車両で効果を発揮するとは限りませんが、ほとんどのユーザーで十分な効果を体感しています。
装着により空燃比が相当薄くなりますので、燃料増量などのECUリセッティングを行って下さい。
閉磁角制御等のECUには、装着できない場合があります。
耐圧、耐電流は仕様上の絶対定格です。
点火出力アップ等による燃費の向上は、装着するエンジンの形式や点火コイルなどの仕様により、期待する効果が得られない場合があります。
入力保護回路はすべての障害から入力側を保護できるわけでありません。
抵抗が減少することにより、点火コイルやプラグコード、点火プラグへの負担が増える場合があります。

・仕様や販売価格は、性能向上のため予告無く変更になる場合があります。
・記載されている特徴、機能、仕様、価格などは、掲載時点での情報です。
・価格は希望小売価格につき、消費税を含んでおりません。(別途消費税が必要です)